カテゴリー別アーカイブ: スキンケア

肌の老化を防ぐアンチエイジング

 

40歳代、50歳代になると肌が老化してシワやシミ、たるみ、くすみなどが増えて目立つようになり、実際の年齢よりも老けてみえてしまいます。

そんな肌の老化を防ぐスキンケアを始め、アンチエイジングとは、どのようなものなのか気になる女性は多いと思います。

美意識のある女性は、いつまでも美しく見られたい・・・という思いが強いので当然のことでしょう。

しかし、人間として生きている以上、老化は絶対に避けることはできません。

ですが、少しだけでも肌の老化を遅らせようと、高価な化粧品を購入したり、体に良いと言われるサプリメントを飲んだり、高額な費用を払って美容エステに通うなど、お金と時間を惜しみなく費やしている女性は少なくありません。

一口にアンチエイジングと言っても、スキンケアから健康管理まで幅広くあるわけですが、肌老化を防ぐためのアンチエイジングを考えた場合、体の内側からと外側からケアを意識してアプローチしなければなりません。

まずは、体の内側からのケアですが、肌は体の調子を映し出すと言われています。

それだけ体の状態は肌と密接な関係にありますので、若々しくて健康的な体を維持することを一番に考えなければなりません。

美肌に効果的なコラーゲンやプラセンタなどの成分を含んだサプリメントやビタミン類を積極的に摂取している人もいらっしゃいますが、その前に栄養バランスの良い食事を規則正しく摂ることが必要です。

そして、肌の生まれ変わるサイクルのターンオーバーがスムーズに行われるように、毎日、6時間以上の睡眠も必要です。

実は、内側からのケアとしては食事よりも睡眠が一番大切と言われています。

できるだけ、夜10時から深夜2時の時間帯に熟睡できるように生活環境を整えるようにしましょう。

ちなみに、この時間帯は、美肌のためのゴールデンタイムと呼ばれています。

また、ウォーキングや軽いジョギングなどの運動を加えれば、血行を促すことになり美肌に有効となります。

このような内側からのアプローチがとても大切なのですが、どうしても、高価な化粧品を使ったスキンケアなどの外側からのアプローチばかりに偏ってしまいがちです。

確かに、毎日の正しい洗顔や乾燥を防ぐための保湿ケアなども大切ですが、体の内側と外側からのケアをしっかりと頭に入れてのアンチエイジングを行わなければなりません。

そして、もし、シワやシミ、たるみ、くすみなどのお悩みを抱えた時は、それらのトラブルが起きる原因と肌が老化するメカニズムをしっかりと理解し、お悩みに照準を合わせたケアを行えば、より効果的になります。

 

 

ニキビ改善は、ニキビができるメカニズムを理解してから・・・

 

ニキビは、10歳代の若者から20歳を過ぎて30歳代になってもできる人が多く、また、顔だけでなく、背中や胸、お尻など、いろいろな場所にできて、特に、成人してからできる大人ニキビは、治りにくく、跡も残りやすくて、とても厄介な肌トラブルです。

そんなニキビに悩む人は大勢いらっしゃいますが、ニキビを治すには、まずは、ニキビができるメカニズムを知ることが必要です。

ニキビができるメカニズムを理解すれば、主な要因が分かり、ニキビを改善する対策も自然と決まってきます。

ニキビができるきっかけは、肌表面の角質細胞が角質肥厚を起こしてゴワゴワに硬く厚くなって、毛穴を塞いでしまうことから始まります。

その毛穴の中に皮脂がたまり、アクネ菌が過剰に繁殖して炎症すると、赤く腫れ上がり赤いニキビとなります。

こうした流れがニキビができるプロセスです。

10歳代にできる思春期ニキビは、ほとんどの若者が経験しますが、それは、成長期における男性ホルモンの過剰な分泌によって、皮脂が多量に分泌されて毛穴を塞ぎやすい状態にあるからです。

このように、角質肥厚を起こした古い角質細胞や多量の皮脂、それに、肌に付着した汚れなどが毛穴を塞ぐ要因になりますが、その中で、大人ニキビ発症に大きく関わっているのが角質肥厚を起こしてゴワゴワに硬く厚くなった古い角質細胞です。

この角質肥厚を起こす大きな原因は、ホルモンバランスの乱れや免疫力低下などによる体内バランスの乱れです。

そして、このような体内バランスの乱れは、睡眠不足、栄養の偏り、運動不足、ストレスなどが影響しています。

夜更かしを続けて寝不足の日々が続いたり、無理なダイエットによる食事制限から栄養が偏ったり、運動不足でストレスが溜まってイライラした生活が続いたりという乱れた生活習慣は、ニキビ発症の大きな原因となるわけです。

ニキビを改善するための対策としては、肌を清潔に保つ洗顔や潤いを与えてしっかりと保湿するなどのスキンケアも大切ですが、今までの生活習慣を見直して規則正しい生活を送るということがとても重要になります。

毎日、睡眠時間は最低でも6時間は確保し、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂り、適度な運動に、ストレスを解消することを考えましょう。

また、多量の皮脂分泌がニキビの原因と思い込んでいる人も多く、肌を清潔に保とうとする意識が強すぎて1日に何回も洗顔する人がいらっしゃいますが、洗顔のし過ぎは、逆に肌の乾燥を招き、ニキビの原因を作ることになります。

洗顔は、朝と夜の1日2回で十分です。

そして、洗顔後は丁寧な保湿を必ず行いましょう。