sutohsan のすべての投稿

アンチエイジングに効果的な化粧品は・・・

 

肌が乾燥した時のお肌のお手入れは、若々しい美肌を維持するためには、とても重要になります。

時に、40歳を過ぎて肌の衰えを感じ、アンチエイジングを意識している女性は、乾燥を防ぐスキンケアをしっかりと行いましょう。

ですが、その前に、毎日の洗顔で洗い過ぎにならないように注意が必要です。

スキンケアの基本として洗顔は、とても大切ですが、肌の皮脂や汚れが気になるからといって、1日に何回も、何回も洗顔してしまうと、逆に必要な皮脂まで落として肌が乾燥しやすい状態になります。

まずは、正しい洗顔法を身に付けることが必要ですが、基本的に洗顔の回数は、朝と夜の2回で十分です。

そして、洗顔後は、乾燥しないように潤いを与え、しっかりと保湿して下さい。

また、毎日、メイクする人は、刺激の強いクレンジング剤を使用して、肌に負担をかけないようにしましょう。

肌が乾燥すると、どうしても見た目年齢が高くなり、老化した印象を与えてしまいます。

いつまでも若々しい美肌を維持するためのアンチエイジングは、乾燥肌防止からと言っても過言ではありません。

人の肌は、表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織という3段構造からなり、その中の表皮には角質層という部分が存在しています。

この角質層は、わずか0.02mmの薄い膜ですが、角質細胞がレンガ状に約20層積み重ねられ、それをつなぎ留めているのが、セラミドなどの角質細胞間脂質です。

いろいろな化粧品を使う女性なら、誰でも一度は「セラミド」という名前を聞いたことがあると思いますが、このセラミドは、角質層の中で水分が蒸発しないように維持する働きをして、乾燥から肌を守り、さらに、外部からの紫外線や異物が肌内部に入り込まないようにブロックしています。

このように、肌内部の水分を維持して、外部からの刺激の浸入をブロックするという働きをバリヤ機能と呼んでいます。

そして、乾燥を防ぎ、潤いのある美肌を維持するには、角質細胞間脂質のセラミドが必要不可欠になります。

アヤナス トライアルセット

しかし、40歳を過ぎた頃から、角質層に存在するセラミドは徐々に減少して、肌内部の水分を維持できなくなり、肌は乾燥ぎみになり、シワも目立つようになってしまいます。

アンチエイジングのスキンケアを意識した時は、失われたセラミドをしっかりと補うことを考えましょう。

現在、保湿のための美容液などには、セラミドを含んだものが多く販売されていますが、その他に、保湿効果が高いとされている保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどがあります。

これらの保湿成分をたっぷりと含んだ化粧品で、しっかりと保湿して乾燥から肌を守りましょう。

 

 

無理な食事制限は間違ったダイエット法です!

 

カッコいいボディのスポーツ選手やテレビなどで活躍するスリム体型のタレントさんに憧れる女性は多くいらっしゃいます。

余分な体脂肪が無く、スラッとしたスリム体型は、どんなファッションでもお似合いで、そんなスポーツ選手やタレントさんと同じようなファッションを楽しみたいと思っても、実際は、ポッコリとしたお腹を隠すためにボディラインがわからない服ばかり着たり、むっちりとした太ももを隠すためにミニスカートやショートパンツを避けたりと体型を隠すことばかりを意識したファッションになっている女性も多くいらっしゃるようです。

そんな女性たちは、体型のお悩みを解消しようとダイエットを始めますが、体重計の数字ばかりを気にしたり、無理な食事制限だけで痩せようとしたりと、いい加減な自己流のダイエットのために思うように痩せることができません。

無理な食事制限などの間違ったダイエットは、体重計の数値は落ちるかもしれませんが、大幅に食事を控えるために栄養が偏って、肌荒れがひどかったり、髪の抜け毛が増えたり、さらに、免疫力の低下から体調を崩したりと、さまざまな弊害を生じることになります。

このように自己流の間違ったダイエットは、痩せられないどころか、不健康になり老化を促進することになってしまいます。

本来、ダイエットの目的は、余分な体脂肪を減らして健康な体を維持することですが、この目的からは真逆へ進んでしまうというわけです。

それでは、健康的でスリムなボディに痩せるには、一体どうすればいいのでしょうか?

まず、ダイエットの単純な基本は、1日あたりの総消費カロリーが総摂取カロリーを上回って赤字収支の生活を作ることです。

しかし、ここで食事量を大幅に減らして食事制限だけで赤字収支を作る手法は、間違ったダイエットになります。

食べ過ぎの食事にならないように食事管理はしっかりと行わなければなりませんが、運動で消費カロリーを増やして赤字の収支を作ることが必要です。

体脂肪を燃焼させる運動としては、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が手軽に行えてとても人気ですが、この有酸素運動と並行して筋力トレーニングなどの無酸素運動を行うことで、さらに、ダイエット効果は高まります。

そして、スポーツ選手やタレントさんのようなカッコいいボディになるには、ただ体重計の数値を減らすのではなく、筋肉を付けてボディをデザインしなければなりません。

また、筋肉量が多ければ多いほど基礎代謝量が高まり、これと言った運動をしなくても1日あたりの総消費カロリーがアップして痩せやすい体になります。

このように理想的なダイエット法とは、運動で消費カロリー高めることです。

そして、もう一つ重要なポイントが、栄誉バランスの良い食事を適量、規則正しく摂るということです。

どうしてもダイエット中は、摂取カロリーを抑えようとして栄養が偏りがちになってしまいます。

栄養が不足したり、偏った状態は、体脂肪を燃焼するエネルギーがなかったり、筋肉を作ることができなかったりと、せっかく痩せるための運動を行っても全く効果がなく、何の意味もなくなってしまいます。

もし、忙しくてなかなか思うような食事が摂れない・・・という人は、偏った栄養を補うためにサプリメントの使用をオススメします。

まずは、安易な気持で手軽に行えるからと、無理な食事制限などの間違ったダイエットを行わないように十分に注意して下さい。

そして、自分自身でダイエット法の基本を学んで、物理的、科学的に証明できるダイエット法を選択し、巷に溢れているウソやまやかしのダイエットに騙されないようにしましょう。