月別アーカイブ: 2017年7月

アンチエイジングに効果的な化粧品は・・・

 

肌が乾燥した時のお肌のお手入れは、若々しい美肌を維持するためには、とても重要になります。

時に、40歳を過ぎて肌の衰えを感じ、アンチエイジングを意識している女性は、乾燥を防ぐスキンケアをしっかりと行いましょう。

ですが、その前に、毎日の洗顔で洗い過ぎにならないように注意が必要です。

スキンケアの基本として洗顔は、とても大切ですが、肌の皮脂や汚れが気になるからといって、1日に何回も、何回も洗顔してしまうと、逆に必要な皮脂まで落として肌が乾燥しやすい状態になります。

まずは、正しい洗顔法を身に付けることが必要ですが、基本的に洗顔の回数は、朝と夜の2回で十分です。

そして、洗顔後は、乾燥しないように潤いを与え、しっかりと保湿して下さい。

また、毎日、メイクする人は、刺激の強いクレンジング剤を使用して、肌に負担をかけないようにしましょう。

肌が乾燥すると、どうしても見た目年齢が高くなり、老化した印象を与えてしまいます。

いつまでも若々しい美肌を維持するためのアンチエイジングは、乾燥肌防止からと言っても過言ではありません。

人の肌は、表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織という3段構造からなり、その中の表皮には角質層という部分が存在しています。

この角質層は、わずか0.02mmの薄い膜ですが、角質細胞がレンガ状に約20層積み重ねられ、それをつなぎ留めているのが、セラミドなどの角質細胞間脂質です。

いろいろな化粧品を使う女性なら、誰でも一度は「セラミド」という名前を聞いたことがあると思いますが、このセラミドは、角質層の中で水分が蒸発しないように維持する働きをして、乾燥から肌を守り、さらに、外部からの紫外線や異物が肌内部に入り込まないようにブロックしています。

このように、肌内部の水分を維持して、外部からの刺激の浸入をブロックするという働きをバリヤ機能と呼んでいます。

そして、乾燥を防ぎ、潤いのある美肌を維持するには、角質細胞間脂質のセラミドが必要不可欠になります。

アヤナス トライアルセット

しかし、40歳を過ぎた頃から、角質層に存在するセラミドは徐々に減少して、肌内部の水分を維持できなくなり、肌は乾燥ぎみになり、シワも目立つようになってしまいます。

アンチエイジングのスキンケアを意識した時は、失われたセラミドをしっかりと補うことを考えましょう。

現在、保湿のための美容液などには、セラミドを含んだものが多く販売されていますが、その他に、保湿効果が高いとされている保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどがあります。

これらの保湿成分をたっぷりと含んだ化粧品で、しっかりと保湿して乾燥から肌を守りましょう。