正しい洗顔がトラブルを予防して美肌を作る!

 

大人ニキビのお悩みを抱えている女性は大勢いらっしゃいますが、その原因は、睡眠不足や栄養が偏った食事などの不規則な生活習慣が深く関わっていると言われています。

それに加え、日頃のスキンケアとして正しい洗顔がとても大切になります。

美肌を作るのは日々の正しい洗顔が大切とは、古くからよく言われてきたことですが、ニキビ以外に、乾燥肌や敏感肌、シワ、くすみなど、肌トラブルの代表的なものも例外ではありません。

正しい洗顔をして、その後、しっかりと保湿をしてやれば、おのずとニキビの発生を防ぐこともできますし、できてしまったニキビも悪化させないで改善することができますが、そのポイントは、肌を刺激してダメージを与えないことです。

ニキビを予防するには洗顔で清潔な肌状態を保つことが必要ですが、どうしても汚れをしっかりと落とそうとゴシゴシと強く擦って洗ってしまう人がいらっしゃいます。

これはかえってニキビを傷つけて悪化させたり、色素沈着を起こしてなかなか消えないニキビ跡やシミとして残る恐れがあるので絶対に行ってはいけない行為になります。

特に、背中やお尻などにできるニキビは知らないうちにゴシゴシと擦ってしまいがちになりますので注意が必要です。

また、清潔にとばかり、1日に何回も洗顔する行為は、肌の乾燥を招き、逆にニキビができる原因を作ることになってしまいます。

洗顔は、朝と夜の1日2回で十分です。

正しい洗顔法としては、まず、ニキビはいわば皮膚の炎症ですから、傷口を消毒するようなつもりで優しくそっと洗う意識を持って下さい。

洗顔フォームを良く泡立てないまま洗ったり、クレンジングオイルを塗り込むようなまねは絶対に避けなければなりません。

洗顔前に、まず、ぬるま湯で素洗いしてホコリや雑菌を落として下さい。

それから、手のひらに適量の洗顔料を乗せて水を加え、空気を含ませながら泡立てます。

この泡立ては面倒かもしれませんが、とても大切なことですのでしっかりと行いましょう。

そして、この泡を肌に乗せ、軽く汚れとなじませて優しく丁寧に洗顔して下さい。

しかし、長々と時間をかけ過ぎると肌に負担を与えることになるので、1分~1分半で終わらせるようにしましょう。

最後は、ぬるま湯で泡が残らないように丁寧に洗い流し、タオルで肌に軽く当てて水気を吸い取り、その後、保湿成分が含まれた美容液でしっかりと保湿して下さい。

正しい洗顔とは、このようにとてもシンプルなものですが、これを毎日継続することで肌トラブルを防いで美肌につながるというわけです。