肌の老化を防ぐアンチエイジング

 

40歳代、50歳代になると肌が老化してシワやシミ、たるみ、くすみなどが増えて目立つようになり、実際の年齢よりも老けてみえてしまいます。

そんな肌の老化を防ぐスキンケアを始め、アンチエイジングとは、どのようなものなのか気になる女性は多いと思います。

美意識のある女性は、いつまでも美しく見られたい・・・という思いが強いので当然のことでしょう。

しかし、人間として生きている以上、老化は絶対に避けることはできません。

ですが、少しだけでも肌の老化を遅らせようと、高価な化粧品を購入したり、体に良いと言われるサプリメントを飲んだり、高額な費用を払って美容エステに通うなど、お金と時間を惜しみなく費やしている女性は少なくありません。

一口にアンチエイジングと言っても、スキンケアから健康管理まで幅広くあるわけですが、肌老化を防ぐためのアンチエイジングを考えた場合、体の内側からと外側からケアを意識してアプローチしなければなりません。

まずは、体の内側からのケアですが、肌は体の調子を映し出すと言われています。

それだけ体の状態は肌と密接な関係にありますので、若々しくて健康的な体を維持することを一番に考えなければなりません。

美肌に効果的なコラーゲンやプラセンタなどの成分を含んだサプリメントやビタミン類を積極的に摂取している人もいらっしゃいますが、その前に栄養バランスの良い食事を規則正しく摂ることが必要です。

そして、肌の生まれ変わるサイクルのターンオーバーがスムーズに行われるように、毎日、6時間以上の睡眠も必要です。

実は、内側からのケアとしては食事よりも睡眠が一番大切と言われています。

できるだけ、夜10時から深夜2時の時間帯に熟睡できるように生活環境を整えるようにしましょう。

ちなみに、この時間帯は、美肌のためのゴールデンタイムと呼ばれています。

また、ウォーキングや軽いジョギングなどの運動を加えれば、血行を促すことになり美肌に有効となります。

このような内側からのアプローチがとても大切なのですが、どうしても、高価な化粧品を使ったスキンケアなどの外側からのアプローチばかりに偏ってしまいがちです。

確かに、毎日の正しい洗顔や乾燥を防ぐための保湿ケアなども大切ですが、体の内側と外側からのケアをしっかりと頭に入れてのアンチエイジングを行わなければなりません。

そして、もし、シワやシミ、たるみ、くすみなどのお悩みを抱えた時は、それらのトラブルが起きる原因と肌が老化するメカニズムをしっかりと理解し、お悩みに照準を合わせたケアを行えば、より効果的になります。