ニキビ改善は、ニキビができるメカニズムを理解してから・・・

 

ニキビは、10歳代の若者から20歳を過ぎて30歳代になってもできる人が多く、また、顔だけでなく、背中や胸、お尻など、いろいろな場所にできて、特に、成人してからできる大人ニキビは、治りにくく、跡も残りやすくて、とても厄介な肌トラブルです。

そんなニキビに悩む人は大勢いらっしゃいますが、ニキビを治すには、まずは、ニキビができるメカニズムを知ることが必要です。

ニキビができるメカニズムを理解すれば、主な要因が分かり、ニキビを改善する対策も自然と決まってきます。

ニキビができるきっかけは、肌表面の角質細胞が角質肥厚を起こしてゴワゴワに硬く厚くなって、毛穴を塞いでしまうことから始まります。

その毛穴の中に皮脂がたまり、アクネ菌が過剰に繁殖して炎症すると、赤く腫れ上がり赤いニキビとなります。

こうした流れがニキビができるプロセスです。

10歳代にできる思春期ニキビは、ほとんどの若者が経験しますが、それは、成長期における男性ホルモンの過剰な分泌によって、皮脂が多量に分泌されて毛穴を塞ぎやすい状態にあるからです。

このように、角質肥厚を起こした古い角質細胞や多量の皮脂、それに、肌に付着した汚れなどが毛穴を塞ぐ要因になりますが、その中で、大人ニキビ発症に大きく関わっているのが角質肥厚を起こしてゴワゴワに硬く厚くなった古い角質細胞です。

この角質肥厚を起こす大きな原因は、ホルモンバランスの乱れや免疫力低下などによる体内バランスの乱れです。

そして、このような体内バランスの乱れは、睡眠不足、栄養の偏り、運動不足、ストレスなどが影響しています。

夜更かしを続けて寝不足の日々が続いたり、無理なダイエットによる食事制限から栄養が偏ったり、運動不足でストレスが溜まってイライラした生活が続いたりという乱れた生活習慣は、ニキビ発症の大きな原因となるわけです。

ニキビを改善するための対策としては、肌を清潔に保つ洗顔や潤いを与えてしっかりと保湿するなどのスキンケアも大切ですが、今までの生活習慣を見直して規則正しい生活を送るということがとても重要になります。

毎日、睡眠時間は最低でも6時間は確保し、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂り、適度な運動に、ストレスを解消することを考えましょう。

また、多量の皮脂分泌がニキビの原因と思い込んでいる人も多く、肌を清潔に保とうとする意識が強すぎて1日に何回も洗顔する人がいらっしゃいますが、洗顔のし過ぎは、逆に肌の乾燥を招き、ニキビの原因を作ることになります。

洗顔は、朝と夜の1日2回で十分です。

そして、洗顔後は丁寧な保湿を必ず行いましょう。