酵素を豊富に摂取して健康な体に!

 

日本人は昔から比較的健康で長寿な民族として知られています。

その理由の一つが生野菜や魚を刺身で食べたり、発酵食品をよく食べるからだと言われています。

また、日本に古くからある調味料の多くは発酵食品で、旬の生野菜などもぬか漬けなど漬物にして保存するという発酵処理を行うという食生活が根付いています。

実は、これらの生野菜や魚の刺身、発酵食品というのは、酵素がとても多く含まれている食品で、ぬか漬けなどは、最も酵素が多い食品として有名です。

そんな酵素は、もともと人の体の中に必ず存在し、毎日の食事で摂取したものをエネルギーに換えたり、内臓を正常に働かせたり、手足を動かしたり、呼吸をしたり、体温を維持したり、何かを考えたりと、人間として生きていくためにありとあらゆる力となって絶対に欠かすことのできない栄養素の一つです。

しかし、体内の酵素は限りがあり、年を重ねるとともに老化の影響で減少し、また、肉や脂っぽいものばかり食べたり、食べ過ぎの食生活を続けていると酵素の無駄使いとなり不足状態に陥ってしまいます。

このようなことから体内の酵素量が不足状態になり、そのまま生活を続けていると、疲れやすくなったり、便秘、冷え性、肩こり、不眠症など、さまざまな体の不調が現れ、免疫力も低下するので病気にかかりやすくなるなど不健康な体に変わってしまいます。

また、全体の代謝機能も低下しているので太りやすい体質になり、ダイエットを行ってもなかなか痩せることができずに、メタボリックシンドロームと言われる生活習慣病につながる恐れもあります。

こうした酵素不足による不健康な体を防ぐには、常に体の中に酵素が豊富に存在しているということが大切で、そのためには食事などの外部からの酵素をしっかりと補うことが必要です。

しかし、近年は食生活が多様化したことで、生野菜や魚の刺身、発酵食品を食べるという日本独自の食文化とは異なるものが流入し、毎日の食事で酵素が簡単に摂れなくなっています。

そこで、最近は食品の代替品として酵素が豊富に含まれて手軽に摂取できる酵素サプリメントや酵素ドリンクなどが人気となっています。

実際に、現在は、健康面だけでなくダイエットにも効果的ということで、これらの酵素サプリメントや酵素ドリンクなどが女性を中心に売り上げを伸ばしているようです。

まずは、酵素を浪費するような食生活は絶対に避けて、体内に酵素が豊富に存在する健康的な体を目指しましょう。